フランス・パリの迷子ちゃん編

  • 2013.04.13 Saturday
  • 12:16
しばらく旅に出られない日々・・・。
こんな時はアルバムを眺めたり、自分が以前書いた旅行記を開いたり…。

鮮明に思い出されるのは、世界遺産だとかいわゆる観光スポットではなく、
なぜか?
迷子になるっていうトラブルだったりする。

ドイツ・スイス・フランスという王道コースにて。
(その時アヲはいない。)

大学時代にフランス語を「かじった」ことのあるムラキチは、
無謀にもヴェルサイユ宮殿をフリータイムに設定してしまった。
(コーヒー1杯を注文する事とはワケが違うのにね・・・。)
ヴェルサイユがあるのはパリからチョット離れた場所。



ガイドさんの計らいでなんとかそこまでたどり着き、


(*庭園は、当時別料金33F)


(*今はもうない、フランス紙幣・・・か、かわいい!)

あの広ーい宮殿&庭園を見学して、
さ〜エッフェル塔があるシャン・ド・マルス公園まで戻ろうとした時、
駅が分からないことに気がついた!!

・・・というのも、地図に書いてある駅が実際のと逆になっている。
日本人観光客っぽい人に声をかけたが、
「その地図が間違ってるんじゃな〜い?」
・・・と、冷たい一言・・・悲しい
しかたなく、あやしいフランス語で切符を買って一か八か?!電車に乗り込んだ。

エッフェル塔が目の前に現れるまでホント!
気が気じゃなかった〜!!
さっき見たヴェルサイユのスバラシイ庭園のコトなんか、
すっかり忘れてしまうくらい・・・。(ゴメンナサイ)

そしてその後、二人は無事エッフェル塔に上るんだけれども、
一難去ってまた一難。
今度はホテルに帰る方法が分からない。
(地下鉄と地下鉄に乗る方法が分からない。)
お腹もすいてきたし〜。
どっぷりと日が暮れたセーヌ川沿いを、
これまたカタコトのフランス語で購入したサンドウィッチかじりながらとぼとぼ。
さっき上ったエッフェル塔はライトアップされ、
セーヌ川はバトーパリジャン(セーヌ川クルーズ)が通り過ぎてゆく。
「きっとあそこではおいしいディナーを楽しんでいるんだろうな〜。」
なんて思いながら・・・。

(お腹が空いていたのもあるが)
ぱりっぱりのバゲットにチーズしかはさんでないシンプルなモノだったけど、
二人でわけっこして食べたサンドウィッチはおいしかった〜
お腹も満たされて気を取り直した二人は
通りすがりの老夫婦に声をかけて、
地図をみせながらあーだこーだ。
間違いながらも冷静に
地下鉄の乗り方をマスターしたやすにいさすが!!

やっとホテルに帰る。
足が歩き過ぎでゾウみたいになってる!
ふと、テーブルを見ると、
職場の仲間からのお祝いのワインとメッセージが置かれていた。
(これが、ムラキチ達の新婚旅行だったってわけアハハ!!)

これがまさしく最高にうれしい乾杯乾杯となったのでした。

そんなワケでみなさま、トラブルも過ぎ去ればこれまた良い思い出・・・。
旅のスパイスです。
そしてそんな事にもくじけずに、次はどこへ行こうか?思案中。


(*フランスで購入したポストカード)