北欧・入れ歯グミとカモメ食堂編

  • 2012.02.18 Saturday
  • 13:25
JUGEMテーマ:親子で海外

 

 


北欧のスーパーでよくみかけたのは、
大量の量り売りスウィーツ。



子供が買うのかと思いきや、
いい大人が仕事帰りに、スーツ姿でうれしそうに選んでいたりして。。。

でも、ほほえましい。

アヲのお気に入りは、この入れ歯グミ


うへ〜。なんで〜!!
入れ歯ばっかり袋に!!

もっとかわいいグミあるでしょ〜。
リコリスも発見!!)

味は結構甘くて、香料いっぱいな感じです。
それにしても、すごい種類!!


さすが!!フィンランドのスーパーと感じたのは、
ムーミンのパティーグッズがおいてあること。
かわいい!!




こういったホームメイドスィーツづくりに使えそうな、
カップや、ろうそくや、砂糖でできた飾りなどを
お手頃価格で発見できるのも、スーパーの魅力。
日本にはない色や形で、種類が豊富。
見ているだけで、楽しくなる。
食用色素も、おもしろい色が見つかります。
パティシエの妹のお土産として、必ずチェック!




こちらは、野菜売り場。
驚いたのはそのカラフルな陳列方法。
こんなに大量出しなのに、すべて新鮮!!

どういった管理をされているんでしょう?気になる!
旅行中じゃなかったら、買って帰りたい!!
キノコも量り売り。



無駄がなくて、良い方法でしょう??
この黄色のキノコは、「かもめ食堂」で、マサコのスーツケースに入っていたものでは??
カンタレラと言うんだそう。


「かもめ食堂」・・・と言えば、同じツアーのお姉さんたちが
「せっかくだから、その場所に行ってみたい」と話していたのを耳にした。

 


この映画、私もチェックしていたので、

急きょムラキチ達もフリータイムに訪ねてみることにした。



ヘルシンキ中心部から歩いて20分くらい。
珍しく?迷わず辿り着けた。
現在もレストランとして営業されているようで、
開店準備中。



ガラス越しに覗くと、内装はかなり変わっていて、

あの映画のイメージで来ると、
あれっ?
・・・て感じ。
入口にはかもめ食堂のポスターがはってある。
他のツアーでは、ここで食事ができるプランもあるみたいだね。

 

いずれにしても、日本人がはるばるここに来たり、
近年の北欧ブームは少なからず、
あの映画のおかげもあるようだね。

港に面したマーケット広場では、
「かもめ食堂」で、サチエが買い物をしていたような市がたっている。





日本語で「オイシイヨ!」と、声をかけてくる。
ラズベリーを購入。
5ユーロで、パックに山盛り!!
食べながら(お行儀悪い?)マーケットをぷらぷら。


その他名物のニシンのフライ(ワカサギのようにまるごとぱくぱく食べられる!)
など売っている屋台や、お土産物屋さんが並ぶ。








お姉さんのお店でハンドメイドのフェルト小物をお土産に買った。

日本のおにぎりをイメージしたものもあるよ。

中に石けんが入っていていい香り♪

 

 

近くにはMarimekkoなどのブランド店や、Stockmannなどのデパートもあり、

買い物するには困らないヘルシンキでした。