北欧・ノーベル賞とミートボール編

  • 2012.02.14 Tuesday
  • 10:20
JUGEMテーマ:親子で海外

 

 


ノルウェーからスウェーデンまでは、飛行機で約1時間半。
サービスがドリンクのみのため、空港でちょっと食べ物調達。



こちらのサーモンのお寿司、なんと1561NKR(約2800円)!高〜い!!
食べた人によると(ムラキチはナマモノが苦手なので今回は試さなかったけど)

日本のと味は変わらずおいしいそう。

スウェーデンに着きました!!

まずは市庁舎見学。



毎年12月に行われる、ノーベル賞授賞式の祝賀晩餐会会場として有名。
観光客があとからあとから、やってくる。
立ち止まらずに!というガイドさん。
すたこらさっさと、進む。


ノーベル賞の舞踏会広間として使われる「黄金の間」
金箔のモザイクに、アヲ興味シンシン。
夏休みの工作、これを参考に卵の殻で作らせようかな??


晩餐会で、実際に使われる、食器がこちら。



これで食べたら、優雅な気持ちになれるかな?
アヲのナイフとフォークを探していたムラキチは、同じモノが購入できると聞いて、
ミュージアムショップへ。

しか〜し!!値段を見てびっくり!!

ナイフ・フォーク・スプーンのセットで、なんと!!
2万5千円!!
とても、買えない…びっくり

やすにい「そりゃ〜ノーベル賞とるくらいの人が使う食器だもん。」

まあ、そうなんですけどね。。。

 

その後アヲにはIITTALAで、使いやすそうな

艶消しシルバーのナイフとフォークを買いましたが。。。

ミュージアムショップではノーベルチョコレートを販売。
買おうとすると、ガイドさん、
「それは、ニセモノです」と、きっぱり!

このチョコに、ニセモノも本物もあるのか?


*この写真はノーベル賞のレリーフ。

本物が、買えるのは、こちらのノーベル博物館にて。



入館料がとられてしまうんだけど、ガイドさんと一緒に館内に入り、
チョコレートを購入するためだったら、無料で入れるそう。
なんだかんだいって、アヲムラキチ中へ。
薄暗い店内に、ひときわ目立つキンキラGOLD KIRAKIRAノーベルチョコが!!

コレが 本当に 晩餐会の食後のコーヒーとともに、添えられるチョコレートなんだ!
10枚で1500円
購入しているのは、日本人ばかりというのが気になる。
でも本当にこういうの好きね〜私達。


ガムラスタンの街。





入り込んだら、迷子になりそう。



モンテ・トローツィグ・グレン
ガムラスタンでもっとも狭い通り。
すれちがうのもやっと。

お土産物屋さんもたくさんあって、古いものと新しいものが
うまく調和している。
時間があったら、いくらでも散策したいな〜。

手焼きワッフルのアイスクリームショップも大人気!
おね〜さん、暑そう・・・あせあせ


夕飯は、ホテルにて名物のミートボール



ミートボールはやすにい大好物!!
そうはいっても、ミートボール30個もおかわり!!

って、大丈夫か??

そういえば、スウェーデン作家の本の中には、よく
ミートボールが登場するよね〜。


*脱線しますが・・・ムラキチアヲが大好きな「ラッセとマヤシリーズ
スウェーデンで新作発見!!日本でも早く翻訳されないかな〜?

スウェーデンのスーパーマーケットには
いろいろなミートボールが売ってるよ!

 

ミートボールの売り場面積がこんなに広いのは、

やっぱり国民食だからだね




ちなみにムラキチ今回、 ●トナカイのミートボール●というのも食べました。

味は・・・ん〜?? カバンの味
→カバン食べたことあるの??byやすにい