サイパン・ついに!!エンパナ〜ダ編

  • 2013.02.24 Sunday
  • 12:26
JUGEMテーマ:親子で海外

 


最終日、あまりお腹がすいていないムラキチは、
ランチタイムに、みんなと別れてぷらっとひとり最後のサイパン散策。
(そのような単独行動が時としてみんなに
変わり者と言われる所以ですが。。。)

昨日のフィエスタホテル周辺などをうろうろしていると、
「ママストア」
という、店の前へ。


確か、夜には「ママショッピング」という文字のネオンで
きらきらしていたけれど・・・何の店なの?
と思いながら開いているかな〜?と中へ。

普通の生活雑貨兼お土産物屋さん。
そんなに広くないのに、ありとあらゆるものが置いてあって、
食品からアルコール類、衣料品なんでもある。

そこのスタッフさんは韓国の方ですが、日本語も上手。
私が以前韓国に行った話しをすると盛り上がっちゃった!

韓国も、今年の寒さは異常だそう。
暖かさを求めてサイパンに逃げてきたんだって。
そしてまた会いましょうね〜韓国で!
な〜んて言って店を出たら少し小腹がすいてきたので、
またまたアイラブサイパンへ。

なぜかって?
お土産を見ていたときに店の一画に
ちょっとしたスナックを扱っているエリアがあって、
そこの看板に「エンパナ〜ダ」と書いてあったのを思い出したから。
(エンパナーダについて詳しくは、
ムラキチ世界旅行・フロリダ・薬局チェーン店ウォルグリーン編をご覧ください)

http://murakiti.jugem.jp/?eid=44

 


家族みんなで食事をするにはちょっとって感じだけど、
一人なら気楽でいいかも。
ちゃんとテーブルや椅子もありますので、買い物に疲れたら
ここはおすすめ。
ムラキチ念願のエンパナーダを注文。
シュリンプエンパナーダしかないので
多少エビアレルギー(でもエビが好きなんだけど)のある私は、
恐る恐る(でもアヲのために2個)買って
商品が出来るのをわくわくしながら待っていた。

2個で$3だよ〜やっす〜い!!
。。。で、運ばれてきたのはちゃんとお皿にのっている揚げたてのあつあつ〜。
せっかくつくってもらったんだけど、私テイクアウトしたかったのね。
初めに私がそれをちゃんと伝えないからいけなかったんだけど。。。
そしたら、テイクアウトは5セントかかるって。

ごめんなさ〜い冷や汗最終日だから現金やすにいに渡しちゃって
全く持ってないの〜申し訳ないけどクレジットカードでいいか聞いたら、
「いいわ、ダイジョウブ。」
みたいに簡単にアルミホイルでくるんでもらいました。
そりゃそうでしょう、5セントをクレジットで払う人いないよ!!
(皆さん、多少の現金は持ち歩きましょうね嬉しい

それがこちら。

揚げたては、外はかりっかり!中はとろ〜りぷりっぷりのエビチリソース。
ちょっとピリッとしていて
おいし〜!!
フロリダで買ったあのエンパナーダとは全然違うよ〜。
やっぱ、リコが言ってたのは本当だよ〜ときめき

テイクアウトしたかった理由は、最後にこのビーチを眺めながら食べたかったから。


ああ〜あともう何時間後には、日本に着いてしまうんだと思ったら、
信じられないよね〜。

そこへ、レストランでがっつり食事チームのアヲが、
出発だってよ〜!!と、呼びに来た。
エンパナーダを見せたら食べる〜♪
「この前のと、全然違うね!!」
「そうだよね、こっちがリコが言ってた

おいしいエンパナ〜〜〜〜ダだよ〜きっと〜〜〜〜!」な〜んてね。




世界に国がある限り、私たちの興味は尽きない。
 

 

サイパン・爆笑!!いとしのエリーでバースデイサプライズ?!編

  • 2013.02.14 Thursday
  • 11:23
JUGEMテーマ:親子で海外


サイパン滞在最後の夜を飾るのは、
オプショナルツアーで申し込んでおいた
「ジョイフルディナーショー」



送迎付なので楽ちん!!
しかし、バスに乗るほどでもなく、
着いたところはあの「金八レストラン」の近く
フィエスタホテルじゃないの!!
(歩いてでも行けるよね〜)
な〜んてみんな思いながら、テラス席へ。
ビュッフェ式になっていて(ドリンクは別ですが)
中にはチャモロ料理ブタの丸焼が!!



これにはアヲもびっくり!
みんな、血相を変えてブタを取り合っている。
さすがにコノお料理は人気が高く、すぐ骨だけになってしまった。
こんなのんきに写真なんかとっている場合じゃなかった。
かわいそうに思ったのか、お隣の中国人男性がアヲのお皿に豚肉を取り分けてくれた。
謝謝
豚肉は、皮がぱりっぱり!!
その他の料理もおいしかったのですが、
わりと普通のメニューで、もっと「現地の味」を期待していたムラキチにとっては物足りなかったかな?
でも反対に万人向けする味とも言える。


そして・・・やすにいが料理を持ちに行っている間
ムラキチは、夫のバースデイサプライズ実行のため、
こっそりと動き出したのデシタ。

ある一人のボーイさんをつかまえて、
「夫の誕生日なんですが、何かサプライズでできますか?」
と、身振り手振りで説明。
彼は、快く承諾してくれまして、
本人の名前と年を聞かれた。
「How much?」
と聞くと、
「いいよ、いいよ、僕にまかせてください。」
という感じで、どんと胸をたたいたのです。
ムラキチ丁寧にお礼を言ってあとはおまかせすることに。


席に戻ると、ショーはだんだん盛り上がってきたのか、
バンドのリーダーが
「ニホンジンノカタ イトシノエリー ウタエマスカ?」
と、聞いてきた。
はずかしがりやの日本人ですから・・・なんて思っていたら、
うちののぼさん両手をあげて
「は〜い!は〜い!」
と、ステージへあがっていってしまった。
「へ〜。。。お義父さん、いとしのエリーなんか歌えるんだ。」
「すごいじゃん!!」
と、ムラキチを含めだれもが思ったはず。。。

。。。が、曲がはじまったとたん、
「あの〜ごめんね〜これじゃなくて、他に何か弾ける?」

これにはその場にいたみんな大爆笑!!
そしてずっこけちゃった、バンドのみなさんは気を取り直し、
のぼさんの御希望通り
「氷雨」を演奏してくれたのでした〜!!
 

のぼさんが席に戻り、みんなで笑い転げている中
今度は突然
「○○サ〜ン」←やすにいがフルネームで呼ばれた。
「なになに?また、なにやったの?」
タイ旅行でバースデイサプライズを経験済みのやすにい
そう言いいながら、ステージへあがっていく。

「ミナサン! ○○サンガ 42サイノ タンジョウビ デス。
オメデトー オイワイシマショウ!!」
さきほど素敵な歌声を聞かせてくれたかわいいお姉さんから、
レイを首にかけてもらって、二人でダンス!!



なんだか、すっごくうれしそう?!
ムラキチちょっと、ヤキモチ?!)
でも、みんなにお祝いしてもらってよかったね♪

ディナーショーには、日本人・韓国人・中国人・ロシア人などの観光客がいて、
どの国の人も楽しめるような、構成になっているのが感動した。
前日に見た、ポリネシアンダンスショーよりも凝ったステージで、
最後はみんなが舞台にあがったりして

全員参加ではじけた最終の夜にふさわしい1日でした。

サイパン・接客上手な店員さんトコの水着でマリンスポーツをしよう!!編

  • 2013.02.10 Sunday
  • 12:11
JUGEMテーマ:親子で海外

 

子供の成長は嬉しいものですが、
この時期の「着るもの」って本当に大変。
身長140センチになったアヲは、
当然去年来ていた水着が入るわけもなく・・・。
結局、現地調達することに。

フロリダではいいサイズの水着が見つからず、
(超!!派手だったり・・・ビキニばっかりで。)
あきらめていたのだが、今回のホテル
ハファダイ・ビーチ・ホテルのすぐ近くに水着専門店を発見。

「LOCO BOUTIQUE」


さっそく中へ入ってみると・・・
面白い!!上下別々に売ってる!
しかも、店員さん
「こちらは上下どちらかのサイズがないので、お安くなっております。」
・・・と、上手な日本語でセール品をアピール。
なるほど自分の好みで選べるのね。
しかも、子供のサイズはどっちかが大きすぎたり小さすぎたりするので
この方法はいいかも!!
なーんてうきうき見ていましたが、これがなかなか難しい。
神経衰弱のように同じような柄の水着を探すのに一苦労。
たくさんの水着の中から、やっとアヲの好みの色と形を選んで。

そこは、さっすが!!店員さん。
このラッシュガードに合う水着はこれとこれ。。。
など、すばやくお手伝い。
接客のうまさについ、値段も見ずにお会計。
すると・・・わお!!
桁が違うんじゃないですか?!ってくらいすごい金額に!!
まあ、でもしょうがない。これがなきゃ、はじまらないので。

さ〜こんだけ買ったんだから、泳ぐぞ〜!!
ッて気合いれたのに連日の悪天候で、出番なく。
本日やっといい感じにお日様太陽が出てきたので
マリンスポーツへ!
単品だとお高いのですが、セットにするとお得になります(こちらも商売上手!!)
しかも、受付にはたいてい日本語OKスタッフがいますので、
細かい注文もダイジョウブ。
不安な点はいろいろ聞きましょう。

アヲやすにい
「バナナボート+マリンジェット+パラセーリング」にチャレンジ。
これで、大人$99、子供$77よ!!
あとの3人は年齢制限等あるので見学。
まずはパラセーリング。
ここらへんでやるのかと思ったら、ちゃんと海がきれいに見える
マニャガハ島まで行くんだって。へ〜すごい。
しかも、向こうの方がいい風がいい吹いているからだって。


なので、二人は送迎付きでまたマニャガハ島へ。
ムラキチ達はここに残されたので見られなかったけど、
帰ってきたアヲの感想。

「やばい!!おもしろ〜い!!」

あ〜いいな〜私もやればよかったかな?

お次はマリンジェット。




インストラクターのあとについて2〜3周したらあとは自分たちのペースで。
結構長い時間ぐるぐる。
気持ちよさそう!!
運転は16歳以上からだそう。
最後は、バナナボート。

カメラを持っていたムラキチ
スタッフの方が「一緒に乗ってく?カメラマンとして。」
と、声をかけてくれた。
やっほ〜い!!行きます行きますとも!!楽しい

・・・で、ムラキチもついていくことに。
皆さんホント日本語上手ね。
「昨日はイルカを見たよ」とか
「マニャガハ島の近くは海の色が違うよね」とかガイド付き。
バナナボートはわざと波が立つように、左右にゆさぶって、
必死にしがみつくアヲを見てみんな面白がってる!!


そして終了〜。
ありがとうございました。
このスタッフさんには日本に帰国する日にもう一度会うことができて、
「今日帰るんです。」と言ったら
「ぜったいまたアソビに来てね♪」って握手してくれました。
ホントみんな親切で明るい。

だからね、旅をしていてムラキチはいつも思う。
こちらも心から「ありがとう」って(現地の言葉で)言ってみようって。





*海藻星人・・・あはは!

 

サイパン・高級ブランドでセレブ気分?編

  • 2013.02.08 Friday
  • 12:17
JUGEMテーマ:親子で海外

ムラキチやすにいはいわゆる「高級ブランド物」に疎い。


しかし今回は、ホテル自体がDFS(免税店)の真ん前にあるため
幸か不幸か?!寄らないわけにもいかず、
なんだか場違いのようなTシャツにサンダルのような格好で
一同ぞろぞろと店内に。



すると、のぼさんさっちゃんが「ある1つの店」の前で立ち止まった。

あ〜こりゃ、手ぶらでは日本へ帰れませんな〜。
と思ったムラキチは、
後日お二人の買い物のお付きで、再びここへやって来た。

。。。で、お目当てのモノをゲットするため、
昨日見たショーウインドウの前へ。

「あれ?!飾ってあった長財布がない!!」

慌てるさっちゃん
「大丈夫だよ、聞いてみよう。」

ムラキチ、店員さんのところへ。
するとあ〜あ〜りましたありました。
奥から丁寧に出された、きれいなビビットピンクの長財布が!
「新作です。他のお色もございますよ」
。。。と、オレンジ色も勧められたけれど、さっちゃんときめきにはもう買うべきものは決まっていた。
「こちらで、結構です。」とピンク色を指差しムラキチかわりに答える。
。。。早かった!!

あっという間にその財布はさっちゃんのモノになりました。



「だって、もう死ぬ前に海外旅行なんて来られないかもしれないから、記念に。」

その言葉は前回のシンガポール旅行の時にも聞いたような。。。あせ
しかも前も長財布だったんですけどね〜
あなたそんなに財布ばっか買って、
入れるモノお金ないじゃないの!


*普段はこんなヒトです。。。

ほくほくしているさっちゃんの横を
のぼさんが通り過ぎる。

「何か気になるモノありましたか?」
ムラキチ声をかけると、
「うん、旅行用のバッグが欲しいんだよね。」

でも、こちらも店頭に出ているのは、いまいち大きさが合わないようで
ムラキチカタコトの英語で
もう少し大きなサイズが欲しいのですが、と聞いてみる。
すると別のマネージャーのような人が店の奥から白い手袋をはめて持ってきた。

いや〜立派です!!お値段も!!です。
いったいコレを持ってのぼさんはどこへ行くんでしょうか?

「高いけどこれ、すごく使いやすそうですね。
内ポケットもあるし。そこに飾ってあるのと全然違う」
普段こういったものをあまり目にしたことがない私でも、
明らかに違うと思い、正直に感想を言った。

「新作なんですよ。ここのラインが他の物とはお色が違うので、
上品な仕上がりとなっております。
ファスナーもここまでついていておりますので出し入れしやすく。。。」

なめらかにファスナーを滑らせて、マネージャーの説明に熱が入る。

「お義父さんどうします?私はいいと思いますけれど。」
「そうだね・・・でも値段もいいね〜。」
と、悩んでいる様子。

。。。しかし、ムラキチのぼさんの性格を熟知していたので、
「ここで、買わないと絶対後悔する」と思った。

 

「私もいくらか協力しますから。
やすにいには退職祝ってことで話しをしておきますよ。」
と、何だかここの店員みたいな上手いことを言って
結局合計3点ほどムラキチのカードで購入。
(請求書が怖いんですが)

タグにイニシャルもサービスしてくれるようで、
(約3時間くらいで仕上がります)
またまたここへ足を運ぶことになるのでした。

プールチームだったやすにいアヲは、ショッピングバッグを見て、
「え〜!!そんなに買ったのびっくり!!!」とびっくり!

さて、これには後日談が・・・。
日本に帰国してしばらくすると、ウチのポストに見覚えのあるマークの封筒を発見。
例の店のマネージャーさん直筆で
「先日はまことにありがとうございました。(中略)
またサイパンにお越しの際は、ぜひ当店にお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます 」
英語でそのような内容の、名刺付きの丁寧なお手紙でした。

それを見て、
私がこの店から手紙をもらうような事は、きっともうないだろうな〜
と、思ったのデシタ。

 

サイパン・ポリネシアンダンスと金八レストラン編

  • 2013.02.07 Thursday
  • 12:14
JUGEMテーマ:親子で海外

 


本日はフリーなので、ショッピングチームとプールチームに分かれ行動。
(コノ、ショッピングについては、また次回お話ししますが)

午後から宿泊先のホテル
ハファダイ・ビーチホテルにて
「ポリネシアンダンスショー」が行われるので
私たちは1階のフィエスタホールへ。

このショーは毎週水・金・日曜日に開催されていて
本日は17:30分から約45分間のショーのよう。
宿泊客は無料ですが、入場料(大人$10)を払えば
どなたでも見られます

いくつかテーブルがあって
ドリンクもオーダー。

ホラ貝の合図にショーが始まった。



なんか、アットホームな感じで
衣装なんかもヤシの葉などで作った手作り感いっぱい!!

けして派手ではないけれど、楽しめました。
なんといっても司会者が、
近所のおやじさんそっくりで(笑)

なんか親近感がわく。
「ミナサン、ハクシュー」
って、一生懸命やっていているのでこっちも応援しちゃったりして。

ファイヤーダンスは安全のため
プールサイドへ移動。



若いかわいいお姉ちゃんも、
熱い玉をぶんぶんふりまわしていたよ!!

最後はショーのスタッフさんと記念撮影。
さっちゃんはあの司会者のおやじさんに、
プリメリアで作ったレイをプレゼントしてもらった。

そんなことをしていると、
ビーチでは美しいサンセット



ムラキチやすにい
なんかいいでしょ〜はーと

本当は、ここでスターライトバーベキューといきたいところですが、
のぼさんのために調べておいた日本の居酒屋風の店へ。

その名も、「金八レストラン」
(となりにはコンビニ金八もあります)

名前のインパクトもすごいですが、
店内もすごいです!!
日本人観光客を喜ばせようという必死の努力がワカリマス。

なんといってもメニューが日本語。


$表示でなければ、ここは日本。
「マガジン」をはじめ、日本のまんががずら〜り!絵本もある!

店員さんのネームプレートには
「日本語わかります」や
「少し日本語わかります」
など書かれていて、女の子たちが一生懸命働いています。

なのにね〜日本人観光客が
ここは日本だと勘違いしてしまうんですね〜。

ムラキチ達のすぐ近くの席にも

「とりあえず、ナマね!!早く持ってきて!!」

みたいに、ふんぞり返って偉そうに日本語で注文していた。
え〜!!お前は何様だ!
他のお客さんもたくさんいるのに。。。


日本人としてはちょっと恥ずかしい。
(何もここに限ったことではなく、
残念ながら、サイパンではこんな光景を良く目にした。)

その、努力あってか?
いかにもゴルフやってきました〜!みたいなおじさんグループや
社員旅行です!みたいな日本人の団体でにぎわっていました。

お願いですから、日本人としての品格落とさないで!

さてお料理ですが、まだお正月とあって
「期間限定!お雑煮あります」
等おすすめメニューにお餅関係が並んでいる。

「餅もあきたね〜」ってことでムラキチ達は
「サーモンロール」や「ドラゴンロール」などを注文。



酢があまりきいていないシャリでしたが。
アナゴやサーモンがきれいに巻いてあり、見た目が楽しい!

のぼさんはご機嫌で「チューハイレモン」と「刺身」。

ビールを飲んでいたやすにい
「このキリンは薄いね〜」だって。
キリンもどきかな?!
焼き鳥は日本で食べるのと変わらない味。
〆の「焼きおにぎり」
は、おこげつきのぱりっぱり!でおいしかった〜。

ムラキチ達はちゃんと丁寧に
「ごちそうさまでした、おいしかったです。」(英語で)
。。。と、店を出た。
その時の、お姉ちゃんの笑顔がとってもかわいかった!

がんばれ!!金八レストランで働く女の子達よ!!

 

サイパン・一番高い山の一番安い人形編

  • 2013.02.06 Wednesday
  • 11:31
JUGEMテーマ:親子で海外

 


サイパンの明るいイメージとは裏腹に、
ここにはかつて戦争があったことを感じさせるスポットが数多くあります。

「バンザイクリフ」




・・・って日本語の、あの万歳だったのね。
「天皇陛下、万歳!!」
と叫びながら、何人もの日本人が身を投げた場所。
悲しい歴史があります。

近くには
「ラストコマンドポスト」も。



こんな穴から入っていくと、
頑丈なコンクリート壁には実弾や、
直撃弾による大きな穴があいていて、見ることが出来ます。



周囲には日本軍が実際に使用していた
戦車や大砲があちらこちらに。




こんなものを、間近に見たりさわったりすることなんか
めったにないよね!
遊びもいいけどね、いい勉強になりましたョ。

そして私たちは全く舗装されていないような山道を
(途中泥水たまりに、はまりそうになりながら)
四駆っていうの?!(車のこと良く知らないけど)で
ガタガタ
進んでいきますと・・・。

やっと、サイパン一高い山
「タポチョ山」へ。


着いたとたんに思わず、この安全運転によるみんなの無事を感謝し、
拍手しちゃったよ!

残念ながら、曇り空。
。。。に、すごい霧。

それでも眺めはサイコーです。
ここからでも海のエメラルド色がよくわかります。
どれだけ、澄んでいるんだろう。
すごいね〜。
こうやってみると、サイパンがいかに平らなのかが良く分かる。
高い建物なんか何にもないね。

(タポチョ山ですら、標高473mくらいしかないんですが。)
さすがに私たちが宿泊しているホテル周辺は
若干、ゴチャっとしてるけど
あとは緑と空と海。

キリスト像が、みんなの幸せを見守ってくれています。


ここでただ一つのお土産物店。
(日本の富士山のようにいろいろないのよ。)
タ―プをはっただけの簡単な店に
中国人のかわいいお姉ちゃんが、
「ボージョ・ボー人形」を売っています。

みなさん、ボージョ・ボー人形って知ってますか?
たしか、10年くらい前に流行ったような気がします。
今も通販なんかで売ってるんでしょうか?
手や足の紐の結び方でいろいろ願いが叶うとかナンとかカンとか。。。

本物とかニセモノとかあるようで、
ちゃんとした(?)店には、

「これは、本物です。
証明書もお付けいたします」

な〜んて看板があったりして。
値段もいろいろ。

私たちは、この店で携帯にも付けられるタイプの
小さいボージョ・ボー人形を、いくつか買いました。
(このタイプは手や足は結べませんが。)
しかも!!4個で$5だよ!!

「安っ!!」

いかにもニセモノっぽいですか(笑)

でも、いいんです。
サイパンいち高い山で買った、
サイパンいち安い「ボージョ・ボー人形」です!!

アヲも彼にプレゼントだって❤ムふふ・・・。

・・・で、ムラキチはいったい何を願ったかって?!
だのお金だのありますが、


生きていられるってことが、
一番の幸せでございます!!


今も、うちの車の中で
ゆらゆらゆれているボージョ・ボー人形デシタ。

 

サイパン・驚き!!ココナッツが○○編

  • 2013.02.01 Friday
  • 10:11
JUGEMテーマ:親子で海外

 


サイパンには、自然がいっぱい!!
舗装されていない山道を、ゴロゴロ音をたてて進んでいく。





こんな きれいな花たち。
アヲ撮影)




「恐竜のたまご」たまご・・・なるほど。



「モンキーテール」。。。なるほど。

緑のバナナがぶら下がっている、バナナの木も発見。

バナナの木を見るといつも思い出すのが、
ムラキチが初めて海外旅行に行った時の事。
バナナが好きなムラキチに、。。。ぜひバナナの木を見せてあげたいという
留学生の「カクちゃん」達と一緒に台湾へ。

バナナが木になる事や、
またあんな風にびっしり!!くっついている事に
私はひどく感激したのでした。

 

当時八百屋のアルバイトをしていたのに、知らなかった事実。
ざるの上にひとふさ100円で売られていたモノ、
私が黄色だと信じて疑わなかったモノが、
実は「緑色だった」事。

「本物を見ることって、なんてすばらしいんだ〜!」

・・・と、私はその時思ったのです。
そして、現在。

アヲには出来る限り、本物を見せてあげたい!!
そんな思いで、世界各国をめぐる旅に出かけている次第でございます。


ちなみに、緑のバナナは地元スーパーにも売っています。
(ここにあるのはすこ〜し黄色になっちゃってますが。
木になっているのはびっくりするくらいまっ青!!)



こんな緑色なのに、サイパンでは部屋に置いておくと、
すぐ黄色になっちゃうんだって。へ〜。

さてさて、話は元に戻り・・・。
私たちはちょっと休憩で山小屋へ。

山のようなココナッツを、包丁でばっさばっさと切っている
現地の方からココナッツを受け取りストローでちゅーちゅー。



わんこも。
まあ、ココまでは南国のいつものパターンですが
KEIJIさんは、
「これ、食べたことある?」
と、飲み終わったココナッツを半分に割ったところに、
しょうゆとわさびを持ってきて。


「食べてみて。」

「わ〜お!!これはすごい!!イカさしじゃん!!」

ココナッツの果肉が食べられることは、タイ旅行での
ココナッツチップスで知っていたけれど、
生のココナッツがイカみたいな味になるとは知りませんでした!!
海の男 のぼさんも気にいったみたい。

「こりゃ、うまいね〜酒が飲みたいね〜。」
なーんて。

ココナッツは捨てるところがないんだって。
はっぱはかごや帽子になるし、
食べ終わったココナッツは食器や楽器やブラジャーになったり・・・(笑)


まだまだ、世界には知らないことがたっくさんアリマスね。


 

 

サイパン・わんこも感激!?エコツアー・バードアイランド編

  • 2013.01.29 Tuesday
  • 10:44
JUGEMテーマ:親子で海外

 

グロット」でしばらく泳いだ私たちは、
ぬれた身体もそのままに、車に乗り込んだ。

そうなんです。
ここには、着替える場所がない。
簡単にラッシュガードなどの水気を絞って、
髪も犬のように、ぶるぶるっとやって、
次の観光スポットへ。




バードアイランド

。。。と言っても、自然保護区に指定されているため、
島へは渡ることが出来ないので、対岸から。。。

石灰岩のこの島は、表面に無数の穴があいており、
多くの鳥の棲みかになっているのだそう。

日中は鳥はあまりいないみたいだね。

風が吹いて気持ちがいい。


今回旅のお供にしているのは、タカラトミー社の

おしゃべりぬいぐるみ犬犬

DACKY ダッキー

という、商品です。

6つのセンサーが反応して、はじめは「わんわん」だけだったのが、
いろいろおしゃべりするようになるんですね〜。

これを持っている(飼っている?)人は分かると思いますが、
KEIJIさんのガイドにも
「うん、うん」とか
「へ〜」とか、「ほんまかいな〜」とか、絶妙なタイミングで相槌を打つ。

 

「それすごいね!しゃべるんだ!」

KEIJIさんがびっくりしていると、

ゴキゲン♪な様子でオリジナル曲を歌ったたりするので、

車のガタガタと一緒に、それはそれは賑やか。


特に海が気に入ったようで、ずーーーーーーーっとしゃべりっぱなし!

 

そんなに騒いでると電池なくなるよー!!

 

アイラブサイパンにて、オバマ大統領。。。の等身大パネルと一緒に

 

サイパン・海底2万マイルの世界!;エコツアーグロット編

  • 2013.01.25 Friday
  • 12:33
JUGEMテーマ:親子で海外

 


本日はオプションで
マリアナストレッキング・エコツアーに参加。

午前中のなので、まずはホテルで腹ごしらえをした後、
水着を着用してバスへ。
アヲは昨日の寒さからもう水着は着ない、と言って
ムラキチやすにいのぼさんだけ。)

水着がちょっと湿っぽいけど。。。まあいっか?!

連れて行かれたところはマリアナストレッキングの事務所?
ここでまずいろいろな説明を受けてから
荷物は置いて行った方がいいということではてな
なんだか分からないけど、いろいろ(わんこも)ロッカーに置いて、
くつも借りたクロックスみたいなやつにはきかえて出発!



最初はスーサイドクリフ
たくさんの日本兵や一般市民が、敗戦時代投身自殺した崖。
「Suicide」って、自殺ってことなんだって。

でも、今はそんなこと感じさせないくらい、素晴らしい眺めが広がっている。
手を合わせながら、次の場所へ。


RIKAさんと待ち合わせをして、
私たちはしばし待機。

波の状況を見てくる・・・と、
KEIJIさんとRIKAさんがグロットへ。

「多少波が荒いけど、入れないことはないよ♪」
って、戻ってきた。

ムラキチチョット不安。
今から何するんだろ?!

「ライフジャケットちゃんとつけてね」

っていわれて、びしっとベルトを装着するやすにいに、



「え〜!やめようかな」
と、ビビるムラキチ

「大丈夫だよ。これあるから。
しかも、晴れてきたし。」

そう、さっきまでの曇り空が
ウソのように、晴れてきて暑い。

「そうだよね、ここまで来てやめるのは
私らしくないよなっ。」

ってんで、男ばっかりのツアー参加者(ムラキチたち以外はバイクの若いお兄ちゃん集団)の中、
勇気を出して、みんなの後についていったのデシタ。

急な階段を、すべらないように気を付けながら下りて行くと、

「すご〜い!!」



そこは、まるでイタリアの「青の洞窟」のようハート
でも、すてき〜なんてよそ見していると、
足元をすくわれますよ!!



この波を見たら、荷物を全部置いてきて、と言われた理由が分かった。

波のタイミングに合わせて、向こうの岩に一人づつ移動。

「ロープは両手で!!絶対に離さないで!!」
と、注意されながら、ムラキチもようやく移動。



この岩から、これまた一人づつダイブしていきます。

さっきの波が腰までとどいた時、
水が冷たくないのが分かったから安心してムラキチもジャンプ!!

昨日の海とは違い、全く冷たくないよ〜!!
むしろ、ぬるいお風呂って感じで、気持ちい〜♪

「そこに魚がいるよ!」
ガイドのKEIJIさんの後についていく。

シュノーケルをつけて洞窟の奥の方まで泳いでいくと。。。
そこには見たこともないような、
なんともいえない、神秘的な海底が広がっていました♪
(写真でお見せできないのが残念。)

 

海底2万マイル。。。(つい最近読んだ本を思い出した。)
もちろん2万マイルもないけど、深〜い海にはまるで宝物が隠されているような、

はたまた人魚でも住んでいそうな不思議な空間。

 

私たちは、言われた通りロープの内側を泳ぐ。
ここなら波もなくて安心。
子供でもダイジョウブ。
でも、岩側には近づくと危険なので気をつけて。
バッサンバッサンと波が岩にたたきつけられている。
人なんかひとたまりもないなって感じ。

「あ〜アヲも入ればよかったのに〜。」

向こうの岩場で写真を撮っているアヲさっちゃん

二人はふたりで、珍しい蝶を追いかけていたりしてたんだってさ。

「グロット」へ行かれる方、ぜひ海の中をのぞいてみてください!!
自然の素晴らしさが実感できますよ!
*ただし、危険な場所もあるので、かならずガイドさんと一緒にね。

 

サイパン・コンビニABCストア編

  • 2013.01.21 Monday
  • 11:53
JUGEMテーマ:親子で海外

 


ムラキチ達が宿泊している
「ハファダイ・ビーチ・ホテル」から徒歩1分の場所にある

コンビニエンスストア・ABCストア

ハワイ旅行の時もお世話になりましたが・・・。
こんなに近いんだから1日に何回もお買い物。

なにがあるのかといいますと・・・?

パンやスパムおむすび・ドリンク・スナックも、もちろんあります。


パンじゃなくて、コメが食べたいという方がいるのでね。
おにぎりはありがたい。ツナや梅もあるよ♪
おにぎりはココが一番種類があったな〜。



なんか、お約束って感じ?!



ココナッツジュースが好きで、マンゴーも好きだから
いけると思ったんだけど、意外にあれっ?て感じ。
量が多すぎた!!
誰も飲まないから、ムラキチ頑張って一人で飲んだけど。。。

お土産や、Tシャツや、アメリカのサプリメントもあるよ。


これ、すっごくかわいいよね♪
スポンジボブの顔がかいてあるゴルフボール♪


テニアンペッパー
シュリンプとアンチョビがあって
日本人ならシュリンプの方が食べやすいかな〜?と思ってお土産にいくつか購入。
小瓶に入ったホットチリぺッパーも購入。
こちらは「チャモロ」料理に欠かせない
フィナデ二・ソースに使っているものらしく、
か〜な〜り!辛いです!
つまようじの先っちょにつけるくらいでじゅうぶん辛い。
うっかり、入れすぎ注意。





アヲの好きそうな「バンドエイド」や歯ブラシもかわいいものがたくさん!

他の店で買う方が安いのもありますが、
もし、まとめ買いするなら$100以上で。
(レシートはとっておいてまとめてもOK)
金額に応じて、プレゼントがもらえます。
ムラキチはかわいいマグカップをもらったよ♪
 

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM