フランス・凱旋門とアイラブパリ編

  • 2017.08.28 Monday
  • 20:46

JUGEMテーマ:親子で海外

コンコルド広場からシャンゼリゼを通り、

凱旋門まで歩くことに。

全長約3km

 

コンコルド広場

ルイ16世やマリーアントワネットの処刑が行われた場所

広場中央には古代エジプトのオベリスクがそびえたつ。

 

自転車レース、ツール・ド・フランスが終わったばかりで、

片付けにおわれるシャンゼリゼ通り

マロニエの並木道が素敵です。

時間があるなら、電車などではなくぜひ歩いてみて!

 

(私達には良さは分かりませんが)

世界的に有名なブランドショップが軒を連ねています。

 

私たちが興味があるのはルイ・ヴィトン本店。。。

ではなく、

 

べタなお土産屋さん。

アイラブパリだってさ。こーゆーの大好き♡

 

店内にはフランス土産にぴったりのモノがあふれています。

書けなさそうなボールペン。

ビアカップ

 

 

アヲはここで念願のエッフェル塔デザインのスマホケースを購入。

€11・50

 

そして外には凱旋門のコイン販売機。

 

そしてこの店の隣はもう凱旋門です!!

(3kmも歩いた気がしない!)

 

1805年12月2日に、アウステルリッツの戦いで勝利した

ナポレオン軍の栄光をたたえるために、建てられました。

 

高さ45m奥行22m

1836年に完成したが、ナポレオンが凱旋門をくぐったのは彼の死後、

パリに改葬された時。あわれだね。

この凱旋門を中心にシャンゼリゼ通りをはじめ、

12本の通りが放射線状に延びていることから、

地図上で輝く星エトワール・広場の凱旋門と呼ばれるようになりました。

これで、ぐるりと1周!

どっしりとしています。彫刻がすばらしい!

 

時間がある方は上に登ることができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 20:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/15 10:00 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック