フランス・シャルルドゴールとオランジーナ編

  • 2017.08.31 Thursday
  • 14:44

JUGEMテーマ:親子で海外

フランス:パリ国際空港のシャルル・ド・ゴール空港は、

フランスの軍人さんシャルル・ド・ゴールにちなんで名づけられました。

ムラキチの人生で合計4回お世話になりました。

 

建築家ポール・アンドリューによって1974年完成。

意外と最近なんですね。

この円形のメインターミナルが印象的!

 

楽しかった旅もこの斬新なデザインの空港とともにお別れ。

しばし椅子に座り、くつろいで旅の思い出にふけろうかというその時。。。

 

「オランジーナ飲んでない。」

と、娘アヲがぽつり。

 

↑2017年9月27日までエールフランス公認機内グッズ当たります。

 

そういえば、フランスの国民的炭酸な(はず)なのに、

スーパーモノプリでも2Lくらいの大きいサイズしかなくて、

結局買えずにいたんだっけ。

もっと街中にあふれているんだと思った。

 

「あ〜!!心残りぃ〜!」

アヲが残念そうにしていたので、

最後に空港で探すことに。

しかし日本の空港と違って、お店自体もさほどなく、

食品を扱っている店にはオランジーナはなかった。

 

このまま日本か?

と思ったその時、サンドウィッチなどを扱うカフェに、

ペットボトルのオランジーナを発見!!

せっかくフランス語も覚えたので、一人で買ってきなさいとユーロを渡す。

€3・5(そのあと自動販売機で売っているのを見かけた。こちらは€2・5)

 

フランスのボトルデザインはレトロっぽくてかわいい。

 

そしてご機嫌でペットボトルを開けた。

んん???日本の方がおいしい?!

炭酸がバチバチして、なんとなく人工的な味がする。

 

少々期待外れだったようですが、これで安心して日本に帰れますね。

 

炭酸の泡とともに旅の甘酸っぱい思い出もこれでおしまいです。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 14:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック